リボンの種類

リボンの種類いろいろ

リボンの種類(素材)には次のようなものがあります。


グログランリボン

グログランリボン
 一般的に使うヘアアクセサリー用のリボンのこのグログランリボンです。
 細い経(たて)糸と太い緯(よこ)糸を平織りにしたリボンです。
 糸の太さが違うため、畝(うね)を生じますが、一般的に緯(よこ)糸を細くするこ
 とで、畝が目立たなくなり、表面がなめらかになり、プリントリボンに適したリボ
 ンとなります。
 サテンリボンに比べて、固めなので、しっかり仕上げたいときに便利なリボンで
 す。
 ヘアゴム、カチューシャ用など、オールマイティに使えるリボンです。
 

サテンリボン

サテンリボン
 表面が滑らかで、光沢があるリボンのことです。
 片面サテン(裏はない)と両面サテン(裏表とも光沢あり)のリボンがあります。
 柔らかいために、糸で縫ってギャザー仕上げをするときに最適なリボンです。

 

オーガンジーリボン

オーガンジーリボン
 平織で、薄く透けているリボンです。
 上品で光沢のあるリボンですので、サテン同様、ギャザーを使った形に仕上げ
 る時に便利です。
 

タフタリボン

タフタリボン
 生地の薄い平織されたリボンです。
 薄いのに張りがあるために、容易に結ぶことができるのも特徴です。

 

ベルベットリボン

ベルベットリボン
 平織か綾織の経(たて)糸にパイルを織ったパイル織物の一種のリボンです。
 表面が柔らかく、手触りがよく、深い光沢が特徴です。
 ビロード(ポルトガル語)ともよばれます。またベロアと区別しにくいですが、
 一般的にベロアはストレッチ性のあるものとされているようです。
 サテン同様に、片面、両面のベルベットがあります。
 ヘアアクセサリーの材料としては、厚みがあるために、ギャザー仕様には不向
 きで、リボンの形に仕上げるのが一般的です。

生地リボン

生地リボン
 生地に芯をはさみ、裏で巻き込んでリボンの形になったものです。
 表と裏、生地が2枚重なった状態になるので、厚みがでて、しっかりしたリボンに
 なっています。
 型崩れしにくいのが特徴です。


商品検索



パレットリボン認定講師数
(5/1現在)
  • キッズ:121名
  • 初級:156名
  • 中級:36
  • 上級:8
  • フラワー:10名

    Facebook「いいね!」で入会金無料
ファンファンスペシャルキット(一般購入可)
ランクシステムについて
よくいただくご質問

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • お休み

火曜日は定休日のため商品の発送、ご注文、お問い合わせのお返事などもお休みとさせていただきます。

Facebook

ご案内

ヘアゴムの作り方やリボンの情報




QR

まいぷれ


まいぷれ

ページトップへ